キャンサーリボンズ HOME > 寄せられたメッセージ

メッセージ

キャンサーリボンズに寄せられたメッセージ

メッセージ 性別 年齢
今年2月、肺がんⅡ期の外科手術を受け、その後の放射線治療が終わり、今は抗がん剤服用中です。自分ががんであると友人、知人に話すことが出来ません。勇気を頂きたいです。(中略) 自分を解放し、本来の自分を取り戻し、自分の人生を楽しみ、自然体で生きたいと思います。 女性 50代
2007年2月に原発性肺腺がんの告知を受けました。(中略) 発見時、私のがんは既に転移がありⅢBと診断されました。私が最初に思ったことは子どもたちのことでした。(中略) そして子どもたちは誰かに助けていただく事も多いだろうと思い、病気を公表することにしました。学校、隣近所、クラスのお母様方、誰にも病気を隠しませんでした。結果、たくさんの方々が「必ず治るから」「頑張って」「祈ってるよ!」と声をかけて下さいました。(中略) 持病や先天的な冠動脈の細さも見つかり、リスクは一般の6倍もあるといううえに、病期ⅢBということもあり、とても大きな不安を抱えながらも様々な人々の「願い」と「祈り」に救われて、今ここに生きています。この間に思ったことは「がんという病気は背中を向けたら負け」「治ると信じて人の思いを味方にしよう!」ということです。「たとえ家族でなくても私を思ってくれる人は沢山いる。その思いに応えよう」そう思うことが心の中から暗さを払い、がんの付け入るすき間をなくすのではないかと考えています。(後略) 女性 50代
1月10日に手術をしたばかりで今も治療中です。いろいろなお話しをお聞きして、これからの自分の生活を考えたいです。 女性 40代
3月に手術したばかりです。これからどうなるのでしょう…お話しを聞かせていただきたいです。 女性 50代
現在の所は落ち着いてますので、同病者同士、心の内を話し合うだけでも良いのではないかと思っています。肺がんの手術をして5年目になりますが、今年又大腸癌の手術をして2ヵ月経過、自分のこれから先はどうなるものかといつも思っています。 女性 80代
2008年1月に手術して、3月末まで放射線治療をしていました。まだ何をどうして良いのか試行錯誤の状態です。(後略) 女性 50代
昨年7月舌癌発症、頸部への転移によりこれまで3回手術。今後の生活について家内と模索中。日常生活全般に対する相談窓口等の情報を欲している状況。 男性 50代
乳がんになって1年が経ちました。乳がんじゃなかったらと思うこともありますが、なってしまったのだから過去を思い返すのではなく、未来だけを見ていこうと思うようにしたら友達が増えました。自分が変わったら周りも変わりました。人生一度きりだから毎日を楽しく過ごせるのが夢です。5年過ぎたら、今は相手はいませんが再婚して幸せになります。 女性 40代
治療が終了したら、とりあえず温泉へ行ってゆっくりしたいです。また、(中略) パソコンを購入して、ガンの情報を収集したいです。(中略) 独身でパートなので、生活の経済基盤がしっかりしていないので将来が不安ですが、新たなる仕事を求めて結婚もしたいと思います。さらに可能かどうか子供もほしいと考えております。まず相手を探さなければなりません。今、男性にも前立腺ガンが増えているようです。(中略) 後遺症があって大変そうですが、皆さんどうしているのでしょう。前立腺ガンの患者会というのは、まだないのでしょうか。(中略) 女性 50代
先日も鳥越俊太郎さんと邦ちゃんのパワフルなお話しと歌声に励まされました。現在乳がん治療中で、年内に終了する予定です。次の目標は妊娠、出産です。 女性 30代
乳がん治療中です。ホルモン療法が終了したら子供をもうけたいです。 女性 30代
4年前、孫を楽しみにしていた母をがんで亡くしました。去年、親友が子宮がんの手術を受け、赤ちゃんを授かる夢もなくなってしまいました。彼女と参加を希望します。 女性 40代
どうしたら限られた時間を楽しく過ごせるか考え中です。 女性 30代
後ろは振り返らず、同じ一日なら楽しく笑顔を大切に過ごしたい。 女性 40代
3年前に乳がんになり温存手術し、2年4か月後に肺に転移し、今経口抗がん剤治療中です。落ち込むこともありますが、ヨガに通ったり、温泉に出掛けたり、日々を楽しむように心がけています。 女性 40代
副作用のためTS-1を打ち切りました。再発の不安はありますが、今は家族に支えられて小さな目標(旅行など)を楽しみに一日一日大切に生きたいです。 女性 40代
昨年乳がんの手術をし、抗がん剤、放射線治療を受け、現在ホルモン治療中です。考えると辛いですが、前向きに楽しく生きようと決めました。 女性 40代
現在受診中。不安や心配でたくさん書物も読みましたが、今回この機会があると聞き、是非参加したく応募しました。落ち着いたら、以前の自分を早く取り戻し、明るい毎日を送りたいです。 女性 40代
集団検診で肺腺がんが見つかり、早期手術し、現在は全く異常なく毎日前向きに明るく過ごすよう心がけている。 女性 70代
卵巣癌手術から2年たち、仕事にも復帰しました。術後腸閉塞になり約2ヵ月水を飲むことが出来なかったので、今では普通に食べられて仕事が出来て、生活が出来れば幸せだと思います。これも病気のお陰です。 女性 40代