キャンサーリボンズ HOME > テーマ別プロジェクト

テーマ別プロジェクト

キャンサーリボンズのプロジェクト

キャンサーリボンズでは「がん治療と生活」をつなぐ、様々なプロジェクトをおこなっています。人々が集う「RIBBONS HOUSE」(リボンズハウス)を実践の拠点とし、テーマに沿って以下のようなプロジェクトがスタートしています。
リボンズのテーマ

テーマ別プロジェクト一覧

緩:『がん治療中の「痛み」すくいあげ』プロジェクト
がん性疼痛については、患者さんの辛さが外からは見えづらく、また、患者さん自身が医療者に遠慮して我慢してしまう、「痛み=がんが進行している⇒がん治療が続けられなくなる」との思いから医療者に伝えていない、などの問題点があります。当プロジェクトでは、がん治療が始まったときから「痛み」を顕在化させ、介入につなげるための啓発活動、臨床現場での取り組みの推進、などを行っています。

外来化学療法室での「痛みすくい上げ」活動

がん治療初期からの「痛みすくい上げ」を目指す場合には、外来化学療法室での看護師による患者さんへの声かけが効果的ではないかと考えています。そこで、腫瘍内科医、がん看護専門看護師、実際に介入調査を実施する2施設の看護師でグループワークを行い、痛みすくい上げのためのシートを作成しました。
緩:『がん治療とスキンケア』プロジェクト
次々と登場する分子標的薬の副作用のひとつ「皮膚障害」が注目を集めています。これをきっかけに、分子標的薬以外の抗がん剤に伴う皮膚障害のケアの必要性も見直されています。

顔や手、足等に皮膚障害が起きると、患者さんの社会的生活や生活全体の質を損なうだけでなく、結果的には治療継続の妨げになることも少なくありません。そこで、できるだけ皮膚障害の症状を軽くし、予防も含めて日常のスキンケアをすることの大切さを啓発します。併せて、NPOとスキンケア企業の協働プロジェクトだからこそできる、生活に取り入れやすい、「シンプルステップ」を意識したスキンケアの方法も発信しています。
具体的には、「よりよい「治療と生活」のための皮膚症状対策 ~誰でもできる簡単スキンケア~」DVDを制作し、各地のリボンズハウス、がん診療連携拠点病院等に配布しています。

緩:『がん治療と口腔ケア』プロジェクト
化学療法や放射線治療には必ずと言ってよいほど、副作用として口腔内膜炎などの「口腔トラブル」が発生します。しかし、治療に入る前から口腔内をケアしていくこと、そして治療中も継続することで患者さんのQOL(生活の質)を確実に向上させることができます。当プロジェクトでは、患者さんが自宅でセルフケアをするケースが増える中、全身の状態を診て、いかに適したケアを提供し、患者さんのQOL維持及び治療の完遂につなげるか、大きな役割を担う看護師への啓発を中心に進めています。
緩:“よりよい"がん治療のためのQOL向上プロジェクト
NPOではこれまで、「がん治療中の悩みに答える美容のノウハウ」「よりよい治療と生活のための皮膚症状対策」の2本のDVDを制作しました。今後はさらに、治療と生活を支えるために優先順位が高いと思われるテーマについてシリーズ化し、医療機関を通じて患者さんへの情報提供を充実させます。
緩:「日常生活における倦怠感改善」プロジェクト
がんやがん治療に伴う「倦怠感」は、対処法に決め手がなく治療やケアが遅れ、治療の継続を困難にする原因にもなります。がん患者さんと医療者が倦怠感について同じ言葉で話せるよう、患者さんと医療者のコミュニケーションより良いものにすることが大切です。倦怠感についてのアンケート調査や、「倦怠感」を表す言葉を全国各地から集める活動を行ないました。
知:『図書館との連携による、新しい情報発信』プロジェクト
「がん」の情報を探すとき、医療施設内の図書館の利用も可能ですが、街にある一般の図書館で情報がわかりやすく提供されれば、入口が大きく拡がります。「医療情報を発信することで地域に貢献したい」という図書館も増えています。図書館とNPOが情報やノウハウを持ち寄り、医療情報発信の新しい形を創ることを目指します。
美:がん治療中の女性に医療用ウィッグを贈る『キレイの力』プロジェクト
がん薬物療法の副作用である脱毛により精神的ダメージを受けた がん治療中の女性が、少しでも自分らしい笑顔のある生活を送れるようサポートするために、医療用ウィッグと支えあいの気持ちを贈ります。 看護学生からのヘア・ドネーション(約半年間ヘアケアした後、ヘアカット)によるウィッグ制作・贈呈、パンテーンを通じた一般の方からのご寄付によるウィッグ制作・贈呈が、活動の柱です。このほか「がん治療中の悩みに答える美容のノウハウ」DVDも制作し、各地のリボンズハウス、がん診療連携拠点病院等に配布しています。
向・己:『がん治療と心のケア』プロジェクト
がん患者さんの30~40%は、軽症を含め、"うつ"を抱えているとも言われています。そうなる前に、がん治療開始前や比較的早い時期に、自分の心を整えるために心のケアをすること、それが当プロジェクトのコンセプトです。 患者さんご自身へのグループ・カウンセリング、そして患者さんを支える医療者へのスーパービジョン*や勉強会等を通じて、心の問題に貢献したいと考えています。
*スーパービジョンとは、精神医学などの分野で、熟練した指導者(スーパーバイザー)が事例の担当者に、示唆や助言を与えながら行う教育のことです。
働:『がんと働く』プロジェクト
がんをもっていても自分らしい働き方を続けられるよう、「気持ちの整理や転換」のサポート、さらに、「働く」ことのベースとなる生活を少しでも快適にするためのサポートなど、様々な情報やサービスを提供していきます。
2016
がん治療と仕事の両立に役立つ「がんと働く」リワークノートがリニューアルしました!
自己管理に役立てるとともに、主治医や職場での相談にご活用ください。1冊330円でご購入できます。詳しくは、【「がんと働く」リワークノートについて】をご覧ください。 (【「がんと働く」リワークノートについて】
2011.11
がん治療と仕事の両立に役立つ『働くノート』ができました!
自己管理に役立てるとともに、主治医や職場での相談に活用しやすいツールを作成しました。1冊300円でご購入できます。詳しくは、【「がんと働く」リワークノートについて】をご覧ください。 (【「がんと働く」リワークノートについて】
2011.12
「がんと働く」リワーク(仕事復帰)支援看護セミナーの内容【動画】 がん患者さんも含め多くの労働者の「リワーク(職場復帰)」をサポートしてきた産業医の講演と、がん医療に携わる他職種が関わって作成したがん患者さん向け就労支援ツールをもとに、実践的な患者支援のあり方を学ぶセミナーの内容をご覧いただけます。(このセミナーは、財団法人田附興風会北野病院で2011年11月に開催した内容です。)
これまでの活動

緩:症状ケア支援

できるだけ具体的でシンプルなセルフケアの提案等で症状ケアをサポーします。

知:情報・コミュニケーション支援

ケース紹介等による普及啓発、医療と働く場をつなぐノウハウや社会 制度の情報提供等によるサポート。まずは、がん治療と仕事の両立 のためのスケジュール管理やセルフケア情報を盛り込んだツールを 作成・配布します。

向:心理支援

当事者の気持ちの整理のためのグループ・カウンセリングや医療者のスキルアップ等に よる心のサポートを行います。

美:美容支援

社会性・コミュニケーション意欲を高めるための美容サポートを行います。

食:食事支援

体力維持できる食事や外食のノウハウ、社員食堂などサービス提供側の啓発など多面 的な食事サポートを目指します。(今後、検討)

楽:家庭生活支援

身体が辛いときの家事や、通院中の育児等のサポートを検討します。(今後、検討)